みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

離職率が高い企業の求人掲載なし!いま話題の就職サイト


ひと昔前と違い就職するための方法は今ではほとんどが就職サイトや求人サイトに登録や情報を集めて就職するようになりましたね。

新卒のかたは新卒用の就職サイトに登録、第二新卒のかたは第二新卒者向けの就職サイトに登録。転職を希望する人は転職サイトを利用と。

就職を希望する人の状況や立場に合わせ細かくサイトが分かれていますよね。

でもみなさん。そんな数多く存在する就職サイトに疑問を感じたことはないですか?
 

スポンサードリンク

企業が就職サイトにお金を支払い掲載する求人情報というのは企業側から、よい部分だけを切り取った求人情報ばかりということを。

そんな一方的なメッセージばかりと感じてしまうのは私だけでしょうか。

そこで今回は有名就職サイトの問題点と現在人気の就職サイトについてです。
 

ブラック企業でも有名就職サイトに求人掲載される理由

新卒者向けの就職サイトといえばすでに有名な新卒者向け就職サイトがありますね。

有名な新卒者向けサイトでは膨大な数の企業の求人情報が載っており、有名企業からまったく聞いたことがない会社も。そして、あれ?この企業はブラック企業として有名な・・・。なんてことも当たり前のようにあります。

それは有名就職サイトというのは企業からの求人掲載料でサイト運営を行っているので、就職したい学生向けのサイトと思われがちですが、実際には企業側がいかに学生を効率よく募集するための企業向けのシステムといえます。

就職サイトがブラック企業の求人情報を掲載しなければ…

では次に第二新卒者向けの就職サイトですが、こちらも先ほどの新卒者向けの就職サイト同様、有名就職サイトの第二新卒者向けのサイトがよく使われてますよね。

さて第二新卒者というのは一般的に学校を卒業後に就職して社会人経験を1年から3年積んだ人が離職して新たな職を探している人を指します。

第二新卒者が離職する理由はもちろんいろいろとありますが、多いのは求人募集条件との違い。または他の職種への新たなチャレンジなどです。

新たなチャレンジというのは若ければ若いほどチャンスがあります。しかし、それをいつまでも繰り返していてはいけませんよね?

そして求人募集条件の違いというのは実際に働いてみなければわからない問題で、仕事を探しているほうからすれば非常に大きな問題ですよね?

この二つをクリアするためには職種への深い理解、求人サイトが企業をチェックしなければ解決できません。

しかしどうでしょう?有名就職サイトでは求人情報は多いものの、職種への深い理解をしたくても誰かに話を聞けるわけではありません。

また有名就職サイトにはブラック企業の情報はつねに載っています。もちろんブラック企業なので離職者が多く慢性的に人が不足しているためです。

それでも有名就職サイトは企業から高額な求人掲載料をもらっているので掲載拒否なんてことはできないのです。

離職率が高い企業の求人掲載をしない!いま話題の就職サイト

ここまでで新卒者と第二新卒者の有名就職サイトには大きな問題があることがわかりましたね。

そこで、この問題を解決してくれる現在、人気の就職サイト「いい就職.com」があります。

まず、このサイトは新卒、第二新卒、既卒未就職者に強いサイトです。そして有名就職サイトと違う大きなポイントが2つあります!

一つ目は全国4か所、東京、大阪、名古屋、沖縄に「いい就職プラザ」というアドバイザーが仕事や社風など詳細を説明してくれる場所があるのです!。経験豊富なアドバイザーに自分が就きたい職種や会社のことを相談できるので、これで本人が思い描く仕事とのミスマッチを防げますね。

そして二つ目はなんと!「いい就職.com」の運営方針として下記の求人情報の掲載をお断りしているそうです。

・離職率の高い特定の業界

・離職率の高い特定の企業

・募集背景が明確でない求人

・社会保険が完備されていない会社

・非正規雇用の求人

・その他、若手求職者に相応しくない求人

「いい就職.com」では、これら6項目に該当する企業の求人は行っていないので、安心して求人を検索できるのです!

これなら新卒者、第二新卒者ともに離職率の高い企業を選ばずに済みますし、アドバイザーがいるので企業や仕事の不明点を手軽に相談できますよね!

また、サイト利用料はもちろん無料なので気軽に利用できまね。

こういった新しい形の就職サイトを利用して、いい就職をするように考えてみてはいかがでしょうか。

第二新卒・既卒・新卒大学生が利用する就職支援サイトを発見!

 

スポンサードリンク