みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

証券マンとして多くの事を学び最高年収は500万円前後


今回は「証券マンとして多くの事を学び最高年収は500万円前後」というタイトルで就職して良かった職種と、その職種の年収について教えてもらいました。


スポンサードリンク


学生時代から志した証券マンという仕事

私は学生時代から証券マンを志していました。

日本株式や日本経済に関して大変高い関心を持っていましたので、そのような点からしても日本株をいかにして学んで多くの知識を身につける事が大変重要かは十分に理解しているつもりでした。

証券会社に入ったのも自分の営業スキルを磨いて多くの収入を得る事と自分の人生をいかにして楽しんでいけるかの両方に着目したからです。

そのような考えもあって就職活動は証券会社を中心に行っていきました。

証券会社では志望通り営業職に就く事ができました。

自分の希望を通してもらえたので、その分、大変多くのやり甲斐をもって仕事に当っていく事が可能となりました。

多くのお客様から多くの事を学んでいく事で大変素敵な時間を存分に楽しんでいく事が可能となりました。

多くの顧客の信頼を勝ち取らなければいけない営業という仕事

営業は最初は大変な仕事です。

自分の顧客を獲得するのは大変重要且つ難しい事です。

多くの顧客を獲得する事は自分がその信頼に足る人間であるかが問われます。

お客様の信頼を勝ち取るには適宜、適切な知識を身につけてきちんとしたアウトプットを行っていく事が大変重要な事となります。

自分のスキルを高いレベルでアウトプットして顧客の信頼を得る事は大変重要な事です。

いかにして効率よく自分の営業を行いながらお客様に最適な資産運用を提案できるかどうかはとても重要な事となります。

多くの方にとって有益な資産運用を提案する事は大変重要な事です。

いかにして顧客満足を考えるかを徹底できたのは証券会社時代ですので、その点に関しては十分に感謝しています。

また多くの同期や先輩に恵まれたのも私にとっては大変な幸運でした。

日頃から切磋琢磨できる仲間は今でも私にとって大変な心の支えとなっています。

このように素敵な毎日を楽しんでいけるた事は大変有意義な私の人生の支えとなっています。

転職したが証券会社時代に学んだ考えは役にたっている

長い人生の中で多くの困難にぶつかる事なども沢山ありますがそのような中でいかにして楽しんで自分のキャリアを構築できるかは大変重要な問題となります。

私はその後でIT関連にも高い興味や関心を持つ事となりましたので、WEBエンジニア関連の資格を取得して転職を行いました。

営業とITという全く異なる業種のように感じられますが、しかし、仕事を行っていく上で両者に共通する考え方はカスタマーファーストです。

そのような点からも証券会社時代に学んだこの考えは今でも私の人生において大変役にたっているのです。

厳しい世界ではありましたが得るものも大変多かったと感謝しています。

スポンサードリンク