みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

広告代理店希望から機械メーカーに就職した結果…


どんな仕事においても周りからはわからない事というものがあります。

特に人気の職業などでは華やかな部分ばかりが注目され、その裏側の苦労や大変なことが伝わりづらい場合があります。

スポンサードリンク

そういった人気の職業に憧れ、その仕事に就きたいと思う若者が大勢います。

しかしそんな華やかな職業の裏側の現実を知ってしまった時にみなさんなら、どうしますか?

そしてそれが大切な就職活動の時期に知ってしまったなら。

あきらめますか?それとも、その職種で就職活動をつづけますか?

そこで今回は、「広告代理店希望から機械メーカーに就職した結果…」というタイトルで希望と違う会社に就職した事がある人、希望と違う会社を選んだ理由と働いてみた感想についてインタビューしました。

夢だった広告代理店の内定を辞め機械メーカーに就職

大学生のころは、コピーライターにあこがれ、広告代理店を就職活動の時にずいぶんと回りました。

電通、博報堂という2大広告代理店は残念ながら不合格でしたが、その次に位置するような広告代理店は内定をもらうことができました。

しかし、内定が出た後、広告代理店勤務の先輩に会って、いろいろと実態を聞いていると、コピーライターなどになれる人はほんの一握りのめちゃくちゃ優秀な人で、ほとんどは営業にまわされ、そこに回ると本当にブラックで、身体が擦り切れるまで働かされ、みんな早死にしている、ということを聞き、ちょっと広告代理店への夢を失って、もっとホワイトな機械メーカーに就職しました。

機械メーカーでも仕事自体はホワイトでやりがいもあった

機械メーカーでも最初は営業だったのですが、仕事自体はホワイトでもあり、また取り組んでみればそれなりにやりがいもあり、入社してよかったと思っていました。

そして入社して5年ほどしたときに、営業から企画部門に回され、それまで対企業のBtoB事業しかしていなかった会社が、対消費者のBtoCの事業を始めることになり、私はそのリーダーをまかされることになりました。

消費者向けの事業で自分を落とした会社と仕事をすることに

その仕事も、事業を一つ立ち上げるというのは面白く、こういう仕事はメーカーに入らなければできないことだなとも思っていましたが、自分として面白かったのは、消費者向けの事業なので宣伝広告の案件も出てくるわけですが、そういう時には、自分を落とした会社である電通、博報堂と仕事をすることになるのです。

その中には営業も、プランナーも、コピーライターもいるわけで、もしも自分がテーブルの向こう側にいて、クライアントの要望を聞いて仕事をする立場だったらどうだったろうと想像することがたびたびありました。

もし自分が広告代理店で働いていたらと考えると…

私は、自分で言うのもなんですが、決してクライアントだからといって、広告代理店に無理強いはしません。

が、しかし自分が納得できなものには遠慮なくNGを出します。

それは自分がこの事業の責任をおっているからですが、私がクライアントとしてNGを出し、締切もあるので、それはやむを得ず無理なスケジュールで再提案を要求したりすると、向こう側は本当に慌てて、必死になってそれに応じようとします。

もしも向こう側にいたら、こうやってクライアントに振り回されて、自分がしたい仕事、というよりは、言われた仕事をこなすことになっていただろうな、と思うと、むしろ、遠回りではありましたが、機械メーカーに入って、宣伝広告を発注する側に立ってよかったな、と思いました。

スポンサードリンク