みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

フリーターで得られた事と脱フリーターのきっかけ


フリーターになる理由は人それぞれです。

しかし、脱フリーターを決意するきっかけとなる理由はみなさん同じなようです。

それは将来への不安、守るべき相手の存在がフリーター脱出という決意を後押しするようです。

スポンサードリンク

私もフリーター経験があり、私の場合は将来への不安からフリーター脱出を決意しました。

そして今回、話を聞かせてくれたかたは交際している女性との将来を真剣に考えたことがフリーター脱出のきっかけとなったそうです。

そこで今回は、「フリーターで得られた事と脱フリーターのきっかけ」というタイトルでフリーターの人が就職を決意したキッカケと就職活動の内容について話を聞かせていただきました。

自分探しも兼ねてフリーター生活を送ってきた私

私は現在27歳、WEBデザイナーとして働いています。

私は大学を卒業してから暫くの間フリーターとして働いていました。

大学時代に自分のやりたい事が見つからずに暫くは自分探しも兼ねてフリーター生活を送っていました。

この間に大変多くの素敵な体験をする事ができました。

飲食店やWEB関連のアシスタントを行なう事で大変素敵な時間を楽しんでいく事ができました。

多くの素晴らしい方との交流を行っていく中で自分のやりたい事やモチベーションを維持し続ける仕事を考えていく時間を持つ事ができます。

素晴らしい多くの社会人との交流の中で自分が本当にやりたい事等を考える事となりました。

最近では多くの方が自分らしい楽しみをそこで探しています。

こんな時代だからこそ、やりたい仕事をどんどん積極的にどんどん探す事は大変重要な事となります。

脱フリーターを決意した二つのきっかけ

フリーターでもそこそこの収入を得て生活を行っていけるのが日本社会の特徴です。

最近ではまずはアルバイト体験を行ってその後で双方の合意をもって正式に採用となる会社も大変多くなっていきます。

しかし、大変多くの方にとって自分の希望に叶う会社を選んでいく事は大変難しいのが現状です。

素晴らしい仕事を探していく事は大変重要な事です。

私の場合は幸いにもWEB関連の仕事を行っている時に仕事や当時の就業先に大変魅力を感じてこの分野をもっと極めていきたいと考えるようになりました。

最近ではWEBを中心とするECサイト運営等が時代のトレンドとなっています。

このような仕事をどんどんこなしていく事でよい自分らしい仕事を楽しんでいけると考えた事が大きな原因です。

また当時交際していた女性とも真剣に交際を考えた事が更に自分の人生おいてやる気をもたらした一つの原因です。

このような事の積重が大変重要な事となっていきます。

仕事を頑張っていく事でより楽しい時間を過ごす事ができる

仕事を頑張っていく中でその時の上役からも声をかけて頂き、その会社に正社員として採用さされて仕事を頑張っていく事となりました。

素晴らしい仕事を頑張って社会人として多くの事を充実させていきたいと常に考えた事が大変重要な事です。

今では、その会社でリーダーを任せてもらって大変充実した時間を楽しんでいます。

仕事をどんどん頑張っていく事でより楽しい時間を楽しんでいく事ができます。

是非、素晴らしい毎日を過ごす為に頑張って素晴らしい仕事を早く見つけて素晴らしい社会人となっていきましょう。

努力をしていく事で自分の可能性は見えてきます。

素晴らしい自分を仕事で見つけて公私共々に素晴らしい人間となっていきましょう。

スポンサードリンク