みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

私が正社員を辞めて派遣社員の道を選んだ理由


今回は「私が正社員を辞めて派遣社員の道を選んだ理由」というタイトルで派遣社員として働いた感想について教えてもらいました。


スポンサードリンク


正社員で事務員として働いてきたが…

27歳女性、事務員です。

今まで高校卒業してから正社員で事務の仕事をしてきました。

正社員で働いていた時は、業界ではトップに入るようなメーカーに勤めており、研修や社内設備も充実している、そこそこに良い企業でした。

しかし、高卒で事務員ということもあり、頑張って部内で良い仕事をしていても、営業職や技術職と違い、ひとつの歯車のような存在だったので給料アップや昇進につながるようなことはありませんでした。

正社員なのでそれなりに責任もあり、勉強することや仕事とは関係のない会議や飲み会などの参加も不可欠でした。

おなじ事務所内に派遣社員で働いている方が数名おりました。

派遣の方たちのお仕事は主に正社員の手伝いや、作業量は多いけれども簡単な作業ばかりで、何かあった時も正社員の人たちが代わりに責任を請け負っていました。

給料もあがらず、残業代も出ない高卒正社員からしてみれば、とても気が楽な仕事だな、とうらやましく思っていました。

派遣会社が何から何まで取り計らってくれる

しばらく正社員の職を転々としていましたが、友人の進めて派遣会社に登録し、派遣社員として働く道を選びました。

まずは派遣会社に登録に行きました。

簡単な一般常識テスト、面接、今までの職歴などの登録をしました。

事務希望だったのでパソコンスキルなどを測ったりして、半日ほどで登録が完了しました。

派遣会社に登録して、その日のうちに新しい職場を紹介され、面接の日程が決まり、派遣会社の営業さんに連れられて職場見学へ向かいました。

こんなに簡単に職場を紹介され、面接まで取り計らってくれるなんて、正直驚きました。

今までも自力で転職をしたことがあるのですが、こんなに楽に…しかも高卒の自分では手の届かないような大企業で働けるとは思ってもみませんでした。

ボーナスはないが残業代が付き自分の働き方に合っている

大手建築会社のデータエントリーの職を紹介され、無事に採用されました。

総勢50名ほどの部内で、社員は10名ほど、他は派遣社員でした。

ひたすら量のあるデータを専用端末に入力していき、チェックして月ごとにまとめるお仕事でした。

正社員時代のような、クレーム対応や研修、会議などの難しいことには一切かかわらずに、ひたすら作業のみをしていく仕事でした。

何か困ったことや難しいことがあったら社員の方にお任せして、派遣会社と派遣先で取り決められている仕事内容以外のことはほとんどやらなくていいという契約なので本当に楽でした。

ボーナスはもちろんありませんが、残業代が付くので、残業多めの仕事を選んで、好きなだけ稼ぐことができます。

自分の働き方にとても合っている形なので、派遣社員としてこれからも働いていけたらいいと思っています。

スポンサードリンク