みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

27歳男性。派遣社員として働き感じたこと


今回は「27歳男性。派遣社員として働き感じたこと」というタイトルで派遣社員として働いた感想について教えてもらいました。


スポンサードリンク


目先の安定を手に入れるため派遣会社に登録してみることに…

27歳男性。

派遣社員として働くきっかけとなったのが、正社員の就業が難しかったこと。

直近のアルバイト勤務で疲弊しきってしまったので、知り合いの方と相談した所、目先の安定を手に入れるために、派遣社員として働くことを提案されました。

最初はやはり、世間での嫌なイメージが強かったので、はなから応募する気はありませんでしたが、なりふり構っていられる状況ではありませんでした。

しかし他に為す術もなく、言われた通りに行動してみることにしました。

職業は電気機器の検査業務として大手工場に派遣されました。

幸い職場の方にも恵まれ、仕事に関してもアルバイト時代の時のように、無理難題を要求されることもありませんでした。

ただ決してやりたい仕事に就いていた訳ではないのと、いくら時給が良くても非正規雇用に変わりはないので、何処か不安があったのも事実です。

仕事は充実しているが所詮は非正規という気持ちになり…

仕事が充実していていきいきしている私と、所詮は非正規だという対照的な気持ちになり、精神状態が不安定になることも少なくありませんでした。

最初の更新月となり、私は迷った挙句、やりたい仕事に就くために、派遣会社の営業の方には退職の意志を伝えました。

そして派遣先の担当者にもその旨が伝わり、私の仕事ぶりを評価していただき、転職活動のためにお休みをいただけることを許可していただきました。

その後、精神状態は快方に向かいましたが転職活動の休み明け後の仕事でミスをすると、きつく叱られるようになり、また辛い気持ちへと逆戻りしてしまいました。

そして一時の軽い気持ちで派遣先を辞めることとなりました。

この一件が後に精神状態が崩壊し、食欲不振へと陥り、苦しい日々に舞い戻ってしまったきっかけです。

あらためて派遣社員として再スタートを切ろうと誓う

私の精神状態は未熟でした。

もっと上手く捌け口を見いだすべきでした。

派遣社員時代は収入が安定したことで、休みの日に街コンや飲み会などの出会いの場に積極的に出向くようになっていました。

一度上手くいきかけたこと以外はさっぱりで、参加後に絶望して帰路に着くことがお決まりとなっていました。

それでも前向きになれたことも事実で、今回の出来事で家族との向き合い方も改めるようになり、考え方も前向きに捉えるように、普段から意識していくようになりました。

反面、何もかもが怖くなってしまい、朝は特に憂うつな気分で、なんとか自分を保ててはいますが、立ち直るためにもう一度、派遣社員として再スタートを切ることを誓いました。

まだ当てはないですが、自分を信じて前に進んでいきます。

スポンサードリンク