みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

転勤は環境も人間関係も変化し、それに対応していく事で克服


今回は「転勤は環境も人間関係も変化し、それに対応していく事で克服」というタイトルで、仕事で転勤経験がある方に転勤で良かった点と悪かった点を教えて頂きました。


スポンサードリンク


転勤のメリットはフレッシュな気分で仕事ができる

44歳男性、会社員小売業。

転勤は環境もそれまでの人間関係も大きく変わるので順応するのに大変です。

私の場合は左遷や栄転ということでの転勤でなく単なる担当替えということで担当する店が変わることになりました。

私にとって転勤は大変というイメージだったのですがやはりメリットもあります。

やはり環境が変わるということは通勤も変わり、事務所も変わるということで気分としてはフレッシュな気分で仕事をすることができたということです。

転勤は新しい事への対応力が身に付く

確かに緊張というものもありますが、マンネリ化した環境とは違ってそれをやる気に変える事もできると思います。

人間関係もそこでの人たちと新しいスタートになるので、一から偏見なしで関係を築いていくことになります。

悪い関係からスタートするということはなくプラスマイナスゼロという状態なのでお互いにニュートラルな状態で仕事が出来るというのは様子をみながらになりますが努力次第でいい関係を築ける状態であるのはいいことだといえます。

また違った環境での経験というのは後々経験として役に立つだろうと思います。

同じところで慣れた環境で長く努めてそこでの環境での仕事を熟知するというのもいいですが、違った環境で違ったケースも経験しておくと新しいことに対する対応力というのも転勤を経験しておくほうが力が付くのではないかと思います。

新しい環境に慣れるまでかなりのストレスに

一方でで悪かった点というのもあります。

やはり環境に慣れるまでの間はやはりかなりのストレスになるということです。

仕事ということもあり慣れるまでの準備期間というのももなく引継ぎをしてすぐに仕事の成果を出し続けないといけません。

どうしても残業気味になりますし、思うように仕事が進まないことも多いというのはやはりデメリットとえると思います。

また新しい関係性ができるというメリットがある一方で、転勤するということはこれまでの仕事のつながりがあった人とは切れてしまうということになってしまいます。

特にいい関係を築けていた人たちとはひとまず関係が切れてしまうので今後発展性があったものも頓挫してしまうというのは悪い点だといえます。

また悪かった関係の人も切れるのでいいかといえばそうでなく関係を修復しないまま終わるので、またどんな縁で仕事をするということになっても気まずいままですし、悪い印象のまま挽回できずに終わってしまうということになります。

いずれにしても悪い点良い点も転勤は表裏一体のようにも思うのでできるだけいい点を作り出すようにしたほうがいいと思います。

スポンサードリンク