みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

転勤して良かった事、悪かった事はそれぞれ有る


今回は「転勤して良かった事、悪かった事はそれぞれ有る」というタイトルで、仕事で転勤経験がある方に転勤で良かった点と悪かった点を教えて頂きました。


スポンサードリンク


転勤して良かったと思うこと

私は現在、小売業に勤めている28歳(男性)です。

転勤回数は1回ですが、転勤して良かったと思うこと、悪かったと思うことを書いていきます。

まずは良かった点についてです。

仕事のスキルが上がった

仕事のスキルが上がったというのは、転職前の職場に比べて、売り上げが大きく、厳しい上司のもとに配属になったので、売り場の変更、注文品の処理、接客の回数などが多くなり正直とても大変でしたが、その分スピード感を持って、しっかりと計画を持って仕事ができるようになりました。

私が転勤前に配属されていた職場は、どちらかというとゆるい感じでめんどくさいと感じる仕事は上手くごまかせたり、さぼったりすることも沢山ありました。

そのため仕事のスキルはあまり身につかず、ずる賢い考えが常にありました。

パートの方々も仕事が出来る方がとても多かったので、頼りっぱなしだったのもあります。

しかし転勤先は本社が近いこともあり、よく社長が店に来ては売り場のダメだしを言われ、変更を余儀なくされるため、毎日常に忙しく、しっかりと計画を立てないと休日に出勤する羽目になってしまいます。

そうしたこともあってか、仕事のスキルも大分上がりました。

近い年齢の友達が増え様々な人と知り合えた

これはそのままで、転勤になる前に比べて様々な方と知り合いになり、友達も増えました。

転勤前は、新入社員として入ったところで、自分が一番下っ端でした。

また、そのあとは新入社員が入って来なかったため、自分が一番年下でしたが、転勤後は後輩も増え、休日に遊ぶ仲にもなりました。

また、配属先は上司も配属前と比べて倍以上いるため、様々な人の意見や考え方から学ぶものも多かった気がします。

悪かった点。通勤時間が増えた

転勤前は10Kmくらいの道のりでしたが、転勤先では45Kmほどあり、通勤では高速道路を使って通勤しています。

時間でいうと40~50分くらいかかります。

ですので、朝家を出る時間が早くなり、家に帰る時間も遅くなります。

そうなると、自由時間も必然的になくなります。

家に帰ったら寝るだけの生活になりました。

悪かった点。地域によっての人の違いに戸惑った

転勤前と比べて大分客層が悪く、クレームの多さや、万引きが多発したりととても戸惑いました。

配属前はクレームにならなかったようなことでも転勤先ではすぐに揚げ足を取られるように言われクレームが多かったです。

地域によっていろいろと考え方が違うんだなと勉強になりましたが、あまりいい気持ではありません。

以上が僕が転勤して良かったと思うこと、悪かったと思うことです。

スポンサードリンク