みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

2つの介護現場で働き頂いた退職金について


今回は「2つの介護現場で働き頂いた退職金について」というタイトルで、退職金の金額と何年勤めて退職金をもらったかを教えて頂きました。


スポンサードリンク


介護業界で働いて10年。介護職について思うこと

30歳女性、介護職です。現在も同業界で働いています。

早いもので現場に勤めて10年が経過しました。

ただ1つの職場ではなく、今までで2度の転職をしています。

初めて勤めていた施設を5年半で退職。2つ目の施設は2年半で退職しました。

始めにこの業界で10年働いて感じたことをざっくりと伝えます。

介護業界は給料が低い、汚い、きついの3kとよく言われていますよね。

確かにその通りかもしれません(笑)。

ただ私は他の仕事をしたことがないのではっきりとは言えませんが、給料は一人暮らしながらなんとかやっていける程度には頂いていますし、汚いのは慣れてしまえばどうってことはありません。

残業はその職場の風潮にもよるかと思いますが、現在の職場で言えば残業はかなり少ないほうだと思います。

休日は確かに一般の企業のようにお盆休みや年末年始のまとまった休日はありませんが、職場によっては年間120日程度あるので、飲食業や美容師さんに比べると多いのではないでしょうか?

さらに夜勤があるので、夜勤明けで昼前に帰ると、半分休みのようなものです(笑)。

退職金がゼロの職場も多いが私は退職金ありの職場を選んでいた

さて、肝心の退職金についてですが…。

「0」の職場もかなり多いです。

やはり一般の企業に比べると離職率の高い職業だからでしょうか。

なので私は転職の際には必ず退職金「あり」もしくは退職金共済をかけている職場を重視して選んでいます。

今まで勤めていた職場、そして現在勤めている職場についても例にもれず。

ただし最初の職場、現在の職場については3年以上の勤務が条件です。

2つ目の職場については共済金をかけていたのでそのお金プラスαが戻ってくる、といった感じでしたので約18万といったところでした。

まぁ妥当な金額かな、と。

退職金はしっかり頂けたのでよかったが…

そして1つ目の施設は3年以上の勤務で勤務年月数に応じ基本給×勤務年月数に応じた金額が頂ける、と言った形でした。

当時の基本給は16万4000円。

詳しい数字は失念してしまいましたが勤続4年半で最終的に頂いたのは64万円ほどでした。

余談になりますが最初の職場は5年勤めるごとに祝い金がでたのですが、その為には年末まで勤務する必要がありました。

しかし当時の私は退職を延ばしに延ばされてストレスマックスだったので耐えることができずに辞めてしまいました。

今思えばあと2ヶ月我慢していれば冬のボーナスと祝い金、退職金と一気にもらえただろうに…当時の私をぶんなぐってやりたい(笑)。

とはいえ少ないながらも退職金はしっかり頂けたので余裕をもって休養することができました。

今の職場も3年はしっかり働くつもりです(笑)。

スポンサードリンク