みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

ブラック企業に就職した理由は未経験職の経験を積むため


経験がない仕事に転職するのは簡単なことではありません。

企業としては、たとえ社会人経験があったとしても、いちからその仕事を教えていくなんてことはコストがかかり採用となるケースは少ないのです。

スポンサードリンク

しかし採用に積極的な企業では、たとえ未経験の人でも採用してくれます。

ではなぜ?採用に積極的な企業があらわれるのでしょうか?それは・・・離職者が多く大変は職場だからです。

みなさん、就職サイトや転職サイトをよく見てみてください。年がら年中求人を出している企業がありますから。

しかしその一方でこういった会社で働く場合は大きな経験とチャンスを与えてもらえる場合も多いようです。

そこで今回は、「ブラック企業に就職した理由は未経験職の経験を積むため」というタイトルで希望と違う会社に就職した事がある人、希望と違う会社を選んだ理由と働いてみた感想についてインタビューしました。

私が希望した条件と実際に就職した会社

退社して半年程時間は経っていますが、前職は希望と違う会社に就職をしました。そのときの話を紹介させて頂こうと思います。

簡単に希望がどの程度違う企業に就職したかを簡単に記載致します。


【希望】
職種:人事
仕事内容:採用業務含む人事業務
その他:
・長期で就業出来る会社
・転勤や異動の頻度が比較的少ない


【実際に就業した会社】
職種:人事
仕事内容:教育担当
その他特徴:
・ブラック企業としての認知度はかなり高い会社
・離職率が高く、短期間で退職する方が多い
・転勤、異動が頻繁にあり、業務内容の変更が多い

上記が簡単にですが、自分が抱いていた希望と実際に就職した会社の違いとなります。それ以外には、就職前から会社の実態や特徴も分かった上で自分は就職を決めました。

ここからは、「なぜ就職したのか」「実際に就職してどうだったか」の2点を重点的に記載させて頂きます。

私が転職した理由は人事職の経験を積むため

転職したのは2つの理由からです。

1つ目は人事職の経験がなく、未経験で就職可能な企業を探していた為

2つ目は退職していたので、焦っていた

の2点です。今考えれば、余裕がなかった事が最大の失敗ではありますが、現実を知った事も大きな要因でした。

それは、当時の職務経歴(人事未経験)では希望を叶えられる企業への応募資格すらないという事でした。希望とは正反対でしたが、就職を決めたのは人事としての経験を積む為でした。幸いにも、未経験でも応募出来、業務範囲も広いとの事だったので、そこで踏ん張れば通常よりも早く、そして多くの業務経験が積めると思ったのです。

では次は就業後に関して話をしたいと思います。

実際に転職した会社はどうだったのか

良い意味でも悪い意味でも入社前と後でのギャップはありませんでした。

短期間で人が辞めていく、定着率が悪い、転勤・異動が頻繁にある職場でした。

ただ、良かった点もありました。それは、新人でも未経験でも仕事を任せてくれる事でした。入社して数日後には研修講師として壇上に立っていました。その後も未経験でも任せるという風習があり、色々な業務をする事になります。

出張も増え、北は北海道、南は鹿児島まで研修をする事もありました。結果的に私は3年以上その会社で人事として就業をする事になります。

最終的には係長まで昇格し、部下を持ち、プロジェクトリーダーとして運営する程まで評価は頂けました。

ただ、入社して数ヶ月から退社したいとも思っていました。希望と違う企業に就職はしましたが、唯一の心の支えは「この会社で生涯勤める気はない」と初めから決めていた事です。あくまでも、次の就職で希望の企業に転職する為の経験を積む場所として就職を決心しました。

この心の支えがあったお陰で、苦しいことも辛いことも、その先の目標の為と踏ん張る事が出来ました。

希望と違う就職をしたとしても次の為のステップにつなげる

希望と違う会社で今も懸命に頑張っている方は多くいらっしゃると思います。ただ耐えるだけだったら私も直ぐに退職していたと思います。

在り来たりな言葉ですが、「先を見ているか、先が見えるか」これがあるかで仕事をする意味は劇的に変わると思います。

今は転職をして希望の人事として働けています。

でも、希望と違う前職の経験があった事で、自信と実績を手に入れられました。是非とも、希望と違う就職をしたとしても次の為のステップになるように意味を見出しては如何でしょうか。

スポンサードリンク