みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

完全固定給の悲しき自宅勤務


今回は「完全固定給の悲しき自宅勤務」というタイトルで、あなたの会社では残業代が出ますか?また残業時間はどれくらいですか?という質問に答えて頂きました。


スポンサードリンク


自宅勤務で周りからは、うらやましいと言われるが…

私はECショップの運営を担当している40歳会社員ですが、会社員でありながら自宅勤務をさせて頂いております。

事務所はちゃんとあって別の者が勤務してますが、単純に通勤には会社としても費用が掛かるという理由で自宅勤務という形態を取ってます。

自宅勤務と言うと人から「うらやましい」、「最高ですね」とよく言われます。

しかし実際はそんな事は一切なく、一人で家で仕事をしている私としては通勤して会社で仕事がしたいです。

そこには色んな理由がありますが、まずは何より一人なので寂しいです。

一日一言も声を発さない事も…

一日一言も声を発さない事もざらにあります。

そんな時に誰かから電話がかかってきてもどんなボリュームやテンションで出たらいいのか一瞬迷ってしまいます。

そして何よりも会社から見れば私が何時から何時まで仕事をしているのかまったくわからないという事です。

誰も私の仕事姿を見ていないのですから当然です。

それだけに売上が少ない月などはちゃんと仕事をしているにもかかわらず、なんだかわからない深い罪悪感におそわれます。

基本は固定給で会社の売上に応じての手当があるわけでもなく、当然残業代もでません。

いわゆる完全固定給です。

ひと月に換算すると50~60時間くらいの残業

上述の通り会社から見ればいくら私が残業したと言っても、現状それを証明するものもありません(少なくとも業務に携わった時間はわかるように変えていかないといけないのでしょうが、、、)。

実際、家では朝6時半には起きて朝食を済まして7時過ぎ、普通の会社員さんであればそろそろ出勤の時間ですが私の場合は既に会社に到着してます。

特にする事もないので会社のメールチェックをしつつ、いつの間にか仕事を開始してしまってます。

通常の始業時間は一般的に9時頃でしょうか?その頃は私は既にひとつふたつ仕事終えて次の業務にかかろうかという時間です。

つまり残業とは全く反対の業務状況になります。

といって早く仕事を終えるわけでもなく、一般的な夕方の就業時刻である18時以降ももちろん仕事はしてますので通勤に費やす時間+αを全て業務に充てているようなものです。

多いのか少ないのかはわかりませんが、ひと月に換算すると50~60時間くらいの残業になります。

業務形態の都合上、仕方のない事だと思うが…

しかしこれは業務形態の都合上私も仕方のない事だと思いますし、自宅勤務だからこそのいい面ももちろんあります。

急な雨の時に洗濯物をすぐに取り込めるとか、、、いやそんな事ではなく家族といられる時間が多いという事です。

もちろん私は部屋にこもって仕事をしてるので常に目の前に家族がいるわけではないですが、同じ家のなかに家族全員が揃っている時間が多いという事もなかなか普通はないですよね。

会社に通勤していれば少なくとも「アイツは今日何時から何時までは会社で仕事をしていた」というのが誰からもわかるでしょう。

一日声を出さないなんて事もないでしょうが、単に「残業したんだから残業代を出して下さい。」ではなく自身の仕事や会社の背景なども考慮に入れた上でお金と仕事時間のそれぞれの本質というものをに明確にしなければいい仕事もでないと感じてます。

スポンサードリンク