みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

定期的に相談に乗ってくれる派遣会社に支えられた


今回は「定期的に相談に乗ってくれる派遣会社に支えられた」というタイトルで派遣社員として働いた感想について教えてもらいました。


スポンサードリンク


結婚を機に不規則な仕事を辞めて事務職をすることに

30代後半女性。

私が派遣会社に登録したのは今から10年前の4月頃でした。

映像制作の仕事で知合った彼(現在の主人)と結婚して、新婚生活を始めるにあたって、主人からは一緒にいる時間が取れなくなるからという理由で、24時間365日拘束時間の長かった映像制作の仕事は辞めてほしいと言われたのがきっかけで9:00~17:00の事務作業をしようと単純に思い、派遣会社に登録しました。

複数の派遣会社があってどれにしようかと迷うくらいありましたが、テレビCMが記憶に残っていた有名な派遣会社を選びました。

一番近くの登録場所が横浜だったので、金曜日に登録に行きました。

駅を降りて間違った方向に歩いてしまい、登録開始予定時間を大幅に過ぎてしまいました。

「もうこんなに遅くなってしまったからダメかな?」と思い、派遣会社に連絡を入れました。

遅れた事を謝罪して、今日はもう登録はできないだろうと思っていましたが、対応して下さった女性の方は優しく「お待ちしていますのでどうぞお越し下さい。」と言ってくれて一気にほっとしたのを覚えています。

派遣会社に登録する際の三つの工程

登録場所は高層ビルの上層階で、見晴らしがとても良かったです。

登録には3つの工程がありました。

1.パソコンを使った簡単なスキルチェック(所要時間:15分くらい)

2.履歴書の作成と写真撮影(履歴書は対話形式で主に特技資格と職務経歴書の内容を登録者本人と派遣会社の作成担当者が会話して確認しながら作成して行きます)

3.現在登録者に合った仕事内容の提示とその仕事内容の確認

1番の工程はEXCEL、WORD、POWER POINTのタイピングやEXCEL関数等のスキルチェックでした。

今まで経験してきた仕事ではあまり使わなかったのであまりいい成績ではありませんでした。

工程2では事前にホームページから送っていた履歴書の内容を対企業へアピールできる履歴書に仕上げていきます。

対話して気づいたのですが、第三者が見て分かり易く「へぇ~。こんな仕事をしてきたんだ。こんな資格を持っているの~」と少し自慢ができるような仕上がりになっていました。

工程3に関してはその場所ではいざ、この会社に面談に行きましょう!!と決まることはありませんでした。

面談後1時間で合格の連絡を頂けました!

しかし、登録を終えて自宅の最寄り駅に着いた時に1社目の面談の提案があり、翌週月曜に面談することになりました。

面談には派遣会社の営業担当者と二人で訪問しました。

面談時間の大体15分前に待ち合わせて軽くミーティングをしてから企業先へ向かいます。

その際、駅から企業までの案内と所要時間を説明して下さいます。

降りたことのない駅の企業先の場合道案内をして下さるのはとってもありがたいです。

面談の際、営業担当者が1~2分程度で本人を紹介してから派遣会社が作成してくれた履歴書を基に自分で企業先面談担当者に説明します。

大体5分くらいで説明します。

一通り説明が終わって企業先の面談担当者から2~3の質問があり、大体30分以内には面談が終わります。

後日連絡があり、合否の連絡があるのですが、今回は面談後1時間で合格の連絡を頂けました。

私の経験から申し上げますと、面談から数日連絡が無いと、いい結果が得られない場合がありました。

複数の候補者がいる場合はダメだった時の連絡は1週間くらいこなかったことがあります。

初めて面談した企業は一部上場企業で化学薬品メーカーでした。

自宅から徒歩で通勤できる会社なので、基本交通費がでない派遣にはありがたかったです。

派遣の仕事の契約条件は主に短期派遣と長期派遣の2種類

派遣の仕事の契約条件は主に短期派遣と長期派遣の2種類がありました。

短期だと健康保険に加入できないので私の場合は基本すべて長期派遣を希望していました。

長期と言っても3か月ごとに契約を更新するので最初の3か月で契約がストップする場合もあります。

登録してから今年の3月まで同じ派遣会社で仕事を紹介して頂きました。

最初は川崎、次は東京、主人の転職の為に家族で神戸に移住した際も引き続き連携して仕事を紹介して頂き、神戸と大阪でも仕事をすることができました。

長期継続で仕事を紹介して頂いたので、派遣で仕事しながら出産し育児休業中も雇用して頂き、保育園の入園もスムーズにできて各種保険保証もありました。

一つ一つの派遣先にもとても大事にして頂いたのと定期的にちゃんと相談に乗って下さる営業担当者の方に支えられて充実したフルタイム仕事ができたと思います。

スポンサードリンク