みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

派遣社員になって感じた派遣社員のメリット・デメリット


今回は「派遣社員になって感じた派遣社員のメリット・デメリット」というタイトルで派遣社員として働いた感想について教えてもらいました。


スポンサードリンク


女性は派遣社員の方が給与面や待遇面で良い時がある

40歳の女性です。

現在は、正社員として事務をしています。

以前、派遣登録して派遣社員として働いていました。

男性の場合はわかりませんが、女性は場合によって、給与面や待遇面で派遣社員の方が良い時があります。

私が派遣社員として働いたのは数社ほどです。

どの職場も、とても環境が良く、居心地が良かったと言えます。

よく派遣社員と正社員で軋轢があったりなど言われたりもしますが、私が派遣された会社は全て、総合職は正社員、事務職は全て派遣社員という採用の仕方をしていた事が、環境の良かった大きな一因だと思います。

同じ派遣社員の友人は、事務職でも正社員がいたり、派遣社員がいたりといった職場に派遣され、給与が違うのに、仕事内容が同じなどで色々あったようでした。

その点、事務職が全て、派遣だという会社の場合は、そんな事もなく比較的、穏やかに過ごせると思います。

それから、私は新卒で正社員として何年か働いてからの派遣社員ですが、正社員時代に比べ、派遣社員時の方がお給料が良かったと言えます。

また、残業した時にも残業代が確実に出るので、それもとても有難く良かったと感じています。

派遣の一番のメリット。やりたい仕事を選択できる

そして、派遣で一番メリットを感じているのは、やりたい仕事を選択できるという事です。

正社員の場合、人事の関係で希望しない部署に異動になってしまう事もあります。

でも、派遣社員の場合、どこの部署でどんな仕事をするという情報があり、そこに派遣されます。

ですから、自分がやりたいと思う仕事につくことが出来るのです。

私は特に秘書業務経験があり、それを生かした仕事をしたいと思っていたので、秘書業務にしぼって、探しました。

正社員の場合、なかなか、思うような人事にたどりつく事も少ないと言えるので、それがとても魅力だと思います。

また、勤務地も選択できるので、通勤時間を短縮する事が出来ます。

派遣のデメリット。一方的に契約を打ち切られる事がある

ただ、派遣社員にもデメリットがあります。

一番のデメリットは、一方的に契約を打ち切られてしまう事がある事です。

基本的に一定期間での契約なので、契約終了と言われれば終了です。

しかも、その後、仕事が見つからなくても保証はされません。

そう考えると、正社員の場合は、そういった事が出来ないので心配ないかもしれません。

私も何度か、契約終了という体験をしました。

その度に、次の派遣先を探さなくてはいけないのが大変でした。

派遣社員として働いた事はとても良い経験になった

そう考えると、派遣社員は不安定なのかもしれません。

そんなデメリットもありましたが、派遣社員として働いた事はとても良い経験となりました。

現在、正社員で働いていますが、そのスキルアップにもなったと感じています。

また、派遣社員に戻るのは、不安がありますが、もし、若いのであれば、色々な仕事に挑戦できるのでおすすめかもしれません。

スポンサードリンク