みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

出版社の営業職は20代でも年収600万円に達することも!


営業職の魅力は何といってもお給料ですよね。

でもその高い給料をもらうためにはいろいろと苦労もありますが…。


スポンサードリンク


お昼の駐車場など車の中でスーツ姿の男性が寝ている姿をよく見かけたことはありませんか?

その方たちは、ほとんどが営業職のかたです。笑

昼間から寝てサボっているなんて大丈夫?と思われるかたがいるかもしれませんが、まったく大丈夫です。

営業職の方の多くはノルマや目標値に向けて行動するのですが、それらをクリアできるという見込みがあるので休んでいるのです。

そのため営業職というのは結果さえ出していれば特に何か言われることはありません。

頑張る、頑張らないという過程の話ではなく結果のみを求められるのが営業職なのです。

今回は「出版社の営業職は20代でも年収600万円に達することも!」というタイトルで就職して良かった職種と、その職種の年収について教えてもらいました。

世間一般的に大変と言われる営業職だが…

私は現在30歳のサラリーマン男性です。

今の職種は、給与計算などを行う内勤事務職ですが、2年前までは、営業職として外勤勤務をしていました。

私が体験した職種の中では営業職が一番やっていていい仕事と感じました。

世間一般的には、営業は大変だとか、ストレスがたまるだとか言われて人気がない仕事かもしれませんが営業ほど自由な仕事はないと思います。

事務職に転身して改めて営業の魅力にきづかされました。

出版社での営業で苦労したこと、嬉しかったこと

私はこれまで、出版社で営業をしていました。

出版社と言っても法律書籍という専門書を扱っていた為、書店をまわるいわゆるルート営業ではなく、弁護士や税理士など法律を生業としている有資格者へ直接販売する営業をしていました。

もちろん簡単に売れるものではない為、苦労もそれなりにあります。

自分よりはるかに知識がある客を相手にする為、専門的な知識は必要になってきます。

しかし、浅はかな知識をつけたところで専門家と対等に話すことは無理があり、いかにそのような人たちに対して買いたい気持ちにさせるかを考えるのが難しいです。

魅力あることを話すことが出来なければ会ってさえくれません。

まず、商品を見てみたいと思わせるアポトークを考えて、魅力のない商品も魅力があるように話し、買いたいと思わせることが営業の仕事であると言えます。

今まで、誰も売れなかった客に商品を売ることができた時の喜びは格別です。

営業職の最大の醍醐味はなんと言っても給料!

そして、営業の最大の醍醐味は給料です。

これは歩合制を扱っている会社に限ったことではありますが、やればやった分だけ支給される給料にはね返ってきます。

やらなければならない仕事に追われるだけの事務職では与えられた仕事を終わらせたところでそこには達成感しかありません。

しかし、営業職では課せられる目標はあるものの達成した時に受け取れる報酬は、どんなものよりも嬉しい評価と言えます。

やり方によっては年齢に関係なく、管理者よりも高い給料を手にすることができます。

実際に私も20代で年収500万~600万円ありました。

もう一つの醍醐味。自分でスケジュールを自由に決めれること

そして、営業の醍醐味は自由であることも魅力の1つです。

夜遅い時間に客のところに行かなければならない時ももちろんありますが、疲れたから少し昼寝をするなんてことも可能です。

結果さえ出せれば1日遊んでたって怒られないというのが営業の醍醐味です。

見張られることなく、自分でスケジュールを自由に決めれることは、外回りの営業にのみ与えられた特権であり営業職の最大の魅力だと思います。

これらのように営業という職種には魅力に、溢れています。

性格によって向き不向きはありますが、メリットは多い仕事だと私は思います。

スポンサードリンク