みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

彼氏に振られ見返すため就職して正社員になることを決意!


人の人生というのは、いついかなる時にどんな方向に進むかわかりません。

大学卒業しても就職氷河期で正社員としての職に就くことができず、やむを得ずフリーターの道を選んだ人も多いはずです。

そしてフリーターから脱却したいと思うキッカケが、どんなことで起きるのか・・・。

スポンサードリンク

それは将来への不安、金銭的な不安、自分自身へのいらだち。

キッカケは人それぞれですが彼氏に振られたことで就職を決意するかたもいるようです。

人生何がキッカケとなるかわかりませんね。

そこで今回は、「彼氏に振られ見返すため就職して正社員になることを決意!」というタイトルでフリーターの人が就職を決意したキッカケと就職活動の内容について話を聞かせていただきました。

就職活動に失敗し2年半のフリーター生活に…

30歳女性、会社員。

大学進学を機に、地方から出てきて大学を卒業したものの就職活動に失敗し22歳から25歳手前の約2年半の間フリーターをしていました。

その期間に経験したアルバイトは以下の通りです。

・携帯電話ショップの窓口受付(フルタイム週5日勤務、3ヶ月)

・デパ地下にある洋菓子店でスイーツ販売(週1~4日、8ヶ月)

・塾の事務補助(週2~4日 学生時代からはじめ、一時的に退職状態から復帰)

・百貨店の某アクセサリーブランドショップの販売(フルタイム週5日勤務、13ヶ月)

これからどうしよう、と思うことはありましたがずっと付き合っている彼氏がいたので、当時若すぎておめでたい脳みそでできていた私は「どうにかなる、愛があれば幸せ」と思っていました。

そんな彼もフリーターでしたが、稼ぎが良いフリーターだったのであまり心配していませんでした。

私の全てだった彼氏に振られ落ち込んでいたが…

そしある日、私はその彼氏に振られました。

生まれて初めて付き合った彼氏です。私は彼が全てでした。

「どうにもならない、愛なんてもうない」そんな状況になってしまったのです。

半年、泣いて過ごしました。

生活の糧であるアルバイトも毎日入れる精神状態ではなく幼稚園の頃から貯めてきたお年玉貯金はどんどんなくなりました。

そんなとき、私を振った元彼に新しい彼女がいることが発覚しました。

それも私と別れてすぐに付き合いだしていることが発覚。それを知って私は何かのスイッチが入りました。

「絶対見返してやる。あの男より上の人間になってやる」

彼を見返すため彼より社会的に上になることを決意!

そこで私はまずは収入を安定させることにしました。

社員登用があるフルタイムのアルバイトとして百貨店に出店している某アクセサリーブラントのアルバイトに応募しました。

この仕事を選んだ理由は、まだ正社員にチャレンジできるような人間ではないという自信のなさ(だからアルバイトスタート)そして、「小奇麗な仕事」というイメージから選びました。

百貨店のアクセサリーブランドのお姉さんと言ったらちょっと雰囲気的に敷居が高いようなそんな気がしたからです。

そもそも当時の私の目的は「彼を見返すこと、彼より社会的に上になること、彼にとって遠い存在になること」だったので、こういう理由も私の選択理由になりました。

面接時にアルバイト→契約社員→社員を目指したいことを伝え無事、アルバイト採用。

勤務が始まってからは社員の方にもその話をしたり、社員の研修や仕事についてもリサーチしました。

そして、週に1回学生時代から行っていた塾の事務補助のアルバイトを再開。

百貨店の仕事だけではお金が足りなかったことと、唯一ながく続けてきたアルバイトだったので、週1でも続けてほしいという声をいただいたのと「続ける自分」でいるために再開しました。

アルバイト先から契約社員登用試験の話があり受けてみる事に

1年頑張りました。どちらの仕事もシフトは周囲の希望に合わせて極力調整。

アルバイトとはいえ、社員の仕事を覚えて許される範囲の仕事は積極的に行い、責任感を持って仕事をしました。

クレームやマイナスの意見もすべて目を通せるものは通して、可能であれば改善点やその後の対応について考えたり共有をするようにしました。

すると、その年の年度末、どちらからも契約社員登用試験の話があがったのです。

百貨店でのアルバイトではもちろん、塾のアルバイトでも契約社員を目指していることを周囲の人には耳にタコができるくらい伝えていましたが、ここから話があがってくるとは思っていませんでした。

学生時代から私を知っている方もいたので「不安定な私」を見てずっと気にかけてくださっていたとのことでした。

どちらもあくまでも「試験」の案内なので、受かるかわかりません。

でも、アルバイトという雇用形態ではありましたが、この1年本気で働いたと自負できる自分に自信はありました。

迷った末に、私は塾の人にはどちらの試験も受けることを伝え、アクセサリーの会社には塾の試験のことは秘密にして試験を受けました。

アルバイト先の契約社員登用試験に見事合格!

結果、ありがたいことにどちらの試験も合格しました。

そして、私は「過去の自分を知ってて成長をみてくれていた会社」を選びました。塾の事務職です。

筆記試験もあったので、かなり勉強しました。今思えば、勉強が嫌いな私が自分でこう言えるほど勉強したのは、この会社で働きたいという気持ちがあったからだと思います。

私の場合は色々な会社や資格をとって、就職に有利になる条件をつんでいくような就職活動ではありません。

目の前にあるものを着実に行い、その姿を拾ってくれる可能性がある(社員登用がある)会社でコツコツ働くというものでした。

どっちの方がいいというのは、人それぞれだと思います。

私のように、彼氏に振られ見返したいという、外から見たら滑稽な理由が最初の原動力にあることもあるでしょう。

でも言えることは「自分が発起できるか」「それが理由が途中うで変われど継続できるか」それだけだと思います。(現在30歳、今は結婚し、この塾で正社員として働いています。当時の彼がどうなったかは知りません。)

スポンサードリンク