みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

どこかに自分のスキルが役に立つ企業があると信じて


新卒で就職した会社がすぐに破産・経営難に陥った経験があるひとはどれくらいいるのでしょうか?

そして新たな勤め先も社長が賃金未払いで夜逃げなんという…。

ここまで運がついていない人は、なかなかいないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

しかし、永遠とそんなことが続くわけではありません。いつか必ず!必ず!まともな会社に入社できる日がやってきます。

こんなウソのような本当の体験をしたかたのお話です。

そこで今回は、「どこかに自分のスキルが役に立つ企業があると信じて」というタイトルでフリーターの人が就職を決意したキッカケと就職活動の内容について話を聞かせていただきました。

新卒で就職したが会社が経営難になり他の企業に吸収され…

30歳女性、営業事務兼秘書。

新卒でコンサルタント系の企業に就職しましたが、会社は1年で経営難になりそのまま評判の良くない企業に吸収されてしまいました。

組織体系も大きく変わり、自分は一般職として働いていたのですが吸収後は営業職となりテレマ要員として働くことになりました。

しかし急な環境変化についていくことができず転職を決意。

上司とさんざんもめた後退職をしました。

その際「今のご時世一般職を雇う企業なんてない。結局は同じように営業にまわされる。」と言われ、まだ社会経験も少なかったためとても不安になったことを覚えています。

次の職場は経営が傾き社長が賃金未払いのまま逃走…

やめて間もなく知人から、新しく起業した知り合いがいてバイト兼事務員を募集している、との誘いを受け働くことに。

そこは2店舗のクレープ屋を展開していました。

自分はそこで店頭での接客のバイトをしつつ、社内のマニュアルや営業資料の作成を受け持つことになりました。

しかしそこも半年そこそこで経営が傾き社長が賃金未払いのまま逃走。

その後弁護士事務所から書類が届いたりとごたごたが続き、すっかり働く気力もなくなってしまいました。

働くことへの自信も取り戻し転職斡旋会社に登録

しばらくニートとして生活していましたが貯金も底を尽きたため、その後2年ほどレンタルビデオ店でフリーターとして働きました。

フリーターは正社員と比べれば責任も少なく気も楽です。

また社会経験も経ているのでアルバイト先では重宝してもらえました。

次第に働くことへの自信も取り戻し、転職斡旋会社に登録しました。

そこでスキルテストを受けたり面接をしたりして、事務職を希望している旨も伝えました。

また過去に2度の経営難をみてきたため、できればベンチャーや中小企業ではなくある程度の経営基盤のある企業をお願いしました。

かつての「今時事務職なんてない」という言葉が残っていたために心配だったのですが、担当の方からは「ないなんてことはない」とあっさり励まされました。

視野を広げて自分のスキルを活かせる会社を探すのも必要な事

その言葉通り、すぐに某半導体商社の営業事務の仕事を紹介してもらい、無事採用していただきました。

そこには一般職が存在せず今回は実験的な採用とのことでした。

業務内容は見積もりや請求書の作成、その他営業資料の作成です。

短期間ではあったものの営業を経験したことで、営業の方の望む仕事をしようと心がけることができました。

その仕事が認めてもらえて、次第に営業部全体の資料も担当するようになり、さらには社長にも認めていただき秘書業務も兼任させていただけるようになりました。

自分のやりたかった「人をフォローする仕事」につくことができてとても満足しています。

むやみに何度も転職することはよくないとは思いますが、視野を広げてより自分のスキルを活かせる会社を探すのもやはり必要なことなのではないかと思いました。

スポンサードリンク