みんなの就職テクニック

WEBデザイナー

小説家の夢をあきらめ私が就職を決意した理由


をつかめる人というのは、ほんの一握りの人たちだけです。

小説家、アイドル、歌手、俳優、女優、お笑い芸人、プロスポーツ選手など、なりたい人は数えきれないほどいます。

夢をつかむためには厳しい競争を勝ち抜くだけではありません。そこには運も必要になってくるのです。

スポンサードリンク

競争を勝ち抜き運がある一部の人だけが自分の夢を掴み取ることができるのです。

自分が追っている夢があっても、それが叶わないという現実を受け入れることも人生においては必要になってきます。

そこで今回は、「小説家のをあきらめ私が就職を決意した理由」というタイトルでフリーターの人が就職を決意したキッカケと就職活動の内容について話を聞かせていただきました。

ライターや小説家を目指していたが…

現在29歳で事務職の正社員です。私はライター、もしくは小説家を目指してバイトで生計を立てていました。

高校を卒業して、一時期は就職なども考えたのですが、若いときに文章力を身につけておきたいと思い、就職はせずにそのままフリーターになりました。

小説の方法は若いときなどは自己満足の執筆をさせていただいておりました。

そして現在では小説サイトなどに投稿もさせていただいております。ですが、今まで自分の文章でお金が発生したのは非常に微々たるものでありました。

バイトの収入なども合わせると月収は15万円前後となっております。

小説を出版社に持ち込み感想を聞いた結果…

自分自身の小説を出版社にもっていたこともありますが、「ありきたりであり、独創性がない」といわれてしまい、興味も示してくれませんでした。

家族などもじぶんのことに関しては今まで目をつむっていたのですが、30代を間近に迎えているということもあり、姉からも「このままでは絶対にいけない!」と一括を入れられてしまいました。

自分でもわかっていたことではありますが、バイトでは保障などもなく、福利厚生もなく、自分の身に何かあったときなども一切保障をおこなってはくれません。

ボーナスも支給をされることはないので、生涯年収なども億の単位で差がでてきてしまいます。

自分の小説の活動が失敗に終わり、夢物語になってしまったこと考えると自分も将来のことが非常に不安となってしまい、それで自分は就職を決意いたしました。

姉の友人から仕事を紹介され面接を受け採用に!

最初は転職エージェントなどのサイトを活用させていただこうと考えておりましたが、姉の友人が仕事を紹介してくれるということで、自分はそちらに面接を受けて、就職をすることができました。

仕事内容は事務の仕事です。

パソコンや数字の知識などはあったので、採用していただき、現在では正社員として仕事をおこなっております。

仕事なども成果をあげて、現在では戦力として、活躍をしております。

ボーナスや有給なども支給をされて、今年の年収は予測ではありますが、300万円前後になるかと思います。

仕事もみつかり、現在の生活は安定をしております。

ですが、今度は時間がなくなってしまい、小説の執筆などの時間はあまりありませんが、こちらのほうも時間をかけて活動をおこなっていきたいと考えております。

両立をできるように頑張ります。

スポンサードリンク